社員紹介

EMPLOYEE INTRODUCTION

経営企画清原 永吏

2018年入社 金沢大学 人間社会学域 人文学類卒

経営企画の仕事

事業所長の補佐として、支店の経営を成功させることが経営企画としての大きな役割です。具体的な仕事としては、オダケホームの営業支援となるイベントの企画やツールの作成、また支店全体の実務の管理など、幅広く行っています。
いわゆるルーティンワークではないからこそ、常に意識を高く持って考えて働くことが求められますが、いいと思ったことはどんどん自分で企画し、挑戦していけることがこの仕事の面白さ。創ることの楽しさや、自分の企画が成果になる達成感を味わえる、やりがいのある仕事だと思います。

経営に関わるということ

オダケホームは、新人でもどんどん仕事を任される会社。入社時から全員に経営方針書が配布され、経営数字も全てオープンになっていますし、自分の働きがダイレクトに数字に反映されることを実感できる環境です。そこには、社員1人1人に経営者意識を持ってほしいということや、自分で成果を出すことの楽しさを社員に感じてほしいという会社の想いがあるのだと思います。仕事として、特にリスク管理の難しさや支店全体をリードすることのプレッシャーはありますが、日々経験を積み重ねながら、成長していきたいと思っています。

頼られる社員を目指して

経営企画の仕事は、イベントや定期訪問などを通して直接お客様と接する機会が多くあります。いろいろな人との出会える楽しさがある反面、知識不足だと感じる場面もしばしばあり、自信を持って家づくりの話ができるようになることは当面の私の課題でもあります。住宅業界は、法制度の改訂や変更があったり、トレンドも常に変化しています。いろいろなことにアンテナを張りながら、家づくりに携わる社員として、いろいろな人から頼りにされる社員を目指しています。

PAGETOP