社員紹介

EMPLOYEE INTRODUCTION

現場監理黒川 朋香

2017年入社 富山大学 芸術文化学部 芸術文化学科卒

現場監理の仕事

営業、設計プランナー、ハウジングアドバイザーがお客様と一緒につくり上げてきたプランを、実際の建築現場で形にしていくのが現場監理の仕事です。予算管理、品質管理、工期管理、安全管理を確実に行いながら、完成までをリードしていきます。平面だったプランが現場で立ち上がり、どんどん形になっていく様は圧巻の一言です。初めて自分の現場で建方を経験したときは、本当に感動しました。他のものづくりにはない家づくりの仕事の魅力を日々感じながら、仕事をしています。

インターンシップを経てオダケホームへ

大学3年のときに、オダケホームのインターンシップに参加。社内の雰囲気がすごく良く、こんな環境で働けたらいいなあと思ったことがオダケホームを志望したきっかけでした。
入社して実感したのは、家づくりというのは「人」が関わる部分が本当に多く、チームワークが非常に求められる仕事だということ。オダケホームでは1棟の家づくりに対して、営業、設計プランナー、現場監理、ハウジングアドバイザーがチームを組んで対応します。社内や現場では、先輩社員とディスカッションすることもありますが、それもお客様に満足してもらいたいという共通の想いがあるからこそ。若くても積極的に意見を発することができる社風も当社の魅力だと思います。

永いおつき合いを

建てた後のおつき合いに力を入れる当社では、家づくりと同じくらいアフターサービスも大切な仕事です。私も、自分が入社するずっと前に建築されたお宅を訪問することがありますが、そこで感じるのは経年による変化はあっても、家そのものはすごくしっかりしているということ。お客様からも「いろんな人に『本当に築15年も経っているんですか』と驚かれます」といったことを言われます。自分の会社の商品を誇れるというのは、社員として本当に幸せなこと。お客様に永く愛着を持って住み続けて頂ける家づくりに携わっていることに自信を持って、これからも仕事に臨んでいきたいと思います。

PAGETOP