HOME > 2018年度新卒採用情報 > 社員紹介:企画

企画という仕事

入社時の配属は本社での企画職です。本社企画の主な仕事は、富山と石川にある8事業所の営業支援。パンフレットなどの販促ツール、HPなどの制作や、毎月本社で開催する「家づくり勉強会」「リフォーム勉強会」などの運営に携わっていました。そして現在、担当しているのは、南支店での「経営企画」という仕事です。この仕事の大きな役割は、事業所長の補佐として、支店経営を成功させること。受注成果を上げるためのさまざまなイベント企画や、支店内の実務全体の管理、また、当社でご建築いただいたお客様への定期的な訪問やフォローも大切な仕事です。
この仕事には「正解」も「ゴール」もありません。どうしたらお客様に喜んでいただけるのか、成果が上がるのか、常に意識を高く持って、考えて働くことが求められます。組織をリードする力も必要。組織の要としてのプレッシャーはありますが、創ることの楽しさや、自分の企画が成果になる達成感を味わえるやりがいのある仕事だと思います。

仕事は常に“挑戦”

オダケホームは、新人でもどんどん仕事を任される会社。入社時から全員に方針書が配布され、経営数字も全てオープンになっていますし、自分の働きがダイレクトに数字に反映されることを実感できる環境です。そこには、社員1人1人に経営者意識を持ってほしいということや、成果を出して働くことの楽しさ、尊さを社員全員に感じてほしいという会社の想いが込められているのだと思います。
仕事の責任範囲が広い分、いろいろなことを思い切りやらせてもらえますが、思ったような成果が上げられず、落ち込むこともあります。それでも失敗をおそれず、挑戦する気持ちを忘れずにいたいと思っています。

新しい環境で、
さらなる成長をめざしています

本社企画のときは、普段はなかなか接する機会のないお客様とお話ができる取材の仕事が大好きでした。「こんな家に住みたい!」と思うような、本当に素敵な家をたくさん見ることができましたし、いい家づくりをしている当社を誇らしく感じることができました。嬉しそうなお客様の笑顔は「家族の幸せづくり」いうことを肌で実感できるというか、とにかく誌面では表現しきれないくらいの、仕事の枠を超えた幸せな気持ちになれる時間でした。
現在の経営企画の仕事では、イベントなどで直接お客様と接する機会がたくさんあります。楽しい半面、お客様とお話しすることの難しさや、自分の知識が足りず質問にお答えできずくやしさを感じることもしばしばです。新しい環境で、日々勉強ですが、自分の経験値をどんどん増やしながら、お客様からも社員からも頼りにされる社員を目指していきたいと思います。

オダケホームについて
  • 会社情報
  • 商品情報
社員紹介
  • 営業
  • 設計プランナー
  • 現場監理
  • 企画
採用情報
  • 募集職種と採用プロセス
  • 募集要項
  • 人材育成について
PAGETOP