HOME > 新築・注文住宅 > オダケホームの強さのひみつ

オダケホームの強さのひみつ

北陸の気候に適した、独自の3A工法(スリーエー工法)による木造住宅

オダケホームは、北陸で生まれ育った住宅メーカー。
この厳しい北陸の気候風土のなかで、永く安心してお住み頂ける住宅を追求しています。
北陸の伝統的な住宅の良さを活かしながら、「安心・安全・安定」を備えた独自の3A工法による質の高い住宅をご提供しています。

オダケホームの3A工法
3A工法

安心

高い省エネ、断熱性能と快適な住環境を備え、安心して暮らせる住宅。エネルギーコストが小さく、家計にも安心。

安全

丈夫な構造、耐震性能で、積雪や地震など、いざという時にも備えた、安全に暮らせる住宅。

安定

高品質を実現する生産体制と現場施工で、永く安定した耐久性能をもつ住宅。

高い耐震性能

北陸の気候に適したオリジナルハイブリッドパネルによる強固な構造

柱と面を組み合わせた構造で、地震や台風に対し、高い耐震性能を発揮。年間を通して湿気が多い北陸の気候に適した、調湿作用がある木の家に湿気を逃す透湿性や長期的な耐久性が高い壁パネルを採用。
経年変化が小さい断熱材で、高い断熱性能を維持します。

断熱パネル工法
断熱パネル工法
断熱パネル工法
壁倍率4倍
透湿性5倍(合板・OSB比較)
耐蟻性1/10以下(OSB比較)

安定した構造強度

強固な構造

丈夫な構造材を使用し、現場でもしっかりとした施工を行うことで、永く安定した構造強度を保ちます。

  • 接合部は構造用金物でしっかりと補強。

北陸の積雪に耐えうる屋根

屋根の構造
  • 積雪1.5mまでは雪下ろし不要の、耐雪住宅の基準を上回る屋根タルキを採用。

地盤対策

地盤調査

建物の建築においては、地盤に合った適切な地盤対策と基礎設計をすることが大切。オダケホームでは全てのお客様に無料で地盤調査を実施。結果により、その土地に合わせた必要な地盤対策を行います。
当社では地盤改良工事の有無にかかわらず、全棟地盤保証の対象となります(全棟地盤保証付き)。

家全体を面で支えるベタ基礎工法

住宅を支える大事な基礎は、より強度の高いベタ基礎を採用し、1棟1棟軸力計算を行い設計しています。

ベタ基礎

当社は基礎の底盤(スラブ)は建築基準法の設定の1.5倍の鉄筋量。

コーナーハンチ

コーナーの要所にはコンクリート打ち増し(コーナーハンチ)を行い、補強。

鋼製束

土台を支える束は耐久性の高い鋼製束を使用。

キソパッキング

土台と基礎をアンカーポイントでしっかり緊結し、建物の強度を高めています。

高い省エネ性能

省エネルギー対策

省エネガラス

2階の天井裏、外壁面、1階床下に断熱材を充填。優れた断熱性を発揮し、冷暖房効率をアップする省エネ住宅です。

省エネガラス

窓は、遮熱Low-Eペアガラスとアルミ樹脂複合サッシまたは樹脂サッシを採用。室内の温度を快適に保ち、結露も抑えます。

24時間熱交換換気システム

熱交換換気イメージ(冬期)

  • 室内空気を循環させ、きれいに保つ24時間換気システム。
  • 外部からの汚染物質をキャッチする「微小粒子高性能フィルター」搭載。
  • 換気による冷暖房のロスを減らし、省エネ効果も大。
  • PM2.5対応で健康にも安心
劣化対策

全周換気でさらに性能アップ! キソパッキング工法

キソパッキング工法による全周換気でコーナーの隅々までムラなく換気。基礎を欠損しないため、基礎強度を維持します。湿気が土台に上がることを防ぎ、木材の腐れやシロアリの被害も防ぎます。(しろあり10年保証付)

キソパッキング工法
キソパッキング工法
キソパッキング工法

壁体内結露から守る外壁通気工法

壁体内結露から守る外壁通気工法

壁体内に外気が流れる通気層を設けることによって湿気を外部に放出します。

音環境への配慮

遮音性能をアップさせるための構造にも配慮し、お互いに快適に生活するための工夫をしています。

三層床構造

2階床は床材、強化プラスターボード、合板の三層構造で、階下への音の伝わりを防止。

防震吊木

2階床から1階天井へ伝わる音を吸収し、振動(音)を伝えにくくします。

防震吊木

ヘッダー配管

継ぎ手による接続箇所がなく、漏水のリスクが少ないヘッダー配管に、メンテナンスがしやすいサヤ管工法を採用。

ヘッダー配管
自社が誇るグループのプレカット工場

高品質を実現する生産体制

木造住宅の骨組みとなる木材は、オダケホームグループのプレカット工場から出荷。仕入れから加工、現場への配送からお引渡しまで全てを、自社でトータルに管理しています。

加工・技術力は高精度で高品質

プレカット工場
プレカット工場

誤差0.5mmという、全国でも有数の非常に精度の高い機械を導入。その加工レベルの高さには定評があり、近県からの加工依頼も多くいただいています。
また、加工前、加工後には、機械だけではわからない木材の節や割れ、曲がりなど、1本1本責任を持って、人の目で厳しく検査しています。

技術と品質の高さの証明

AQ認証

AQ認証

オダケホームグループのプレカット工場は、木材や加工の品質が優れていることを示すAQ認証を富山県で最初に取得しています。

JAS認定

防腐防蟻処理加圧注入システムは、その厳しい品質管理体制についてJAS認定を受けています。

木材選別士と木材保存士が責任を持って選別チェックを行い、使用箇所に応じた木材を提供。

  • 木材選別士:JAS規格に定められている格付選別技能を持つことが認められた者
  • 木材保存士:木材保存処理についての技術、技能を有する者

防腐防蟻加圧注入システム

防腐防蟻の高い効果が長く続く加圧注入システム

防腐防蟻対策として、木材の内部にまで薬剤をしっかりと染み込ませる加圧注入という方法を採用。
プレカット加工後にこの薬剤処理を行うので、腐れやシロアリが発生しやすい接合部分にもしっかりと薬剤が浸透します。
ACQという薬剤を水に溶かして使う方法です。

完成度を高める施工体制

直営工事体制による責任施工

検査体制工事

工事担当者が直接お客様の現場を管理し、完成まで責任を持って運営します。着工前の打合せはもちろん、工事中も厳しく管理を行い、完成度の高い家づくりを実現しています。

納得と安心をご提供 万全の検査体制

  1. ダブルチェック体制
    協力業者と工事担当者が、各工事の仕上がりをそれぞれチェック。
  2. 社内検査
    基礎配筋完了時、構造組立完了時、大工工事完了時、仕上工事完了時に担当者が細かくチェック。
  3. お客様立会い
    大工工事完了時、仕上工事完了時の社内検査ののち、お客様立会いによる確認。
  4. 完了検査
    社内完工検査ののち、役所による完了検査。

完成度の高い家づくりを支える「協栄会」

共栄会との連携

オダケホームには、協力業者約400社で構成される協栄会という組織があります。
住宅は現場の施工次第で、完成度や品質に大きな違いがでてくるため、当社では、創業時から業者さんの育成に力を入れています。

共栄会
共栄会

協栄会では、現場での指導の他、定期的に勉強会や研修を実施。
技術の向上はもちろん、マニュアル等による施工方法の徹底を図り、現場品質No.1を追求しています。

PAGETOP